日本プロ野球 幻の背番号

読売ジャイアンツ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
長嶋 茂雄
15
3
川上哲治が、既に14が沢村栄治の永久欠番であったことに加え、いずれは自分の16も永久欠番になることを見越して、
長嶋に15を背負わせ、将来は14〜16を連番で永久欠番としたかったが、長嶋が1ケタ番号を希望したため実現せず。
田淵 幸一
2
22
1968年・夏に川上哲治監督が、巨人が田淵を獲得した暁には背番号2を与えると確約。これによって1の王貞治、3の
長嶋茂雄の間に2の田淵が入ることで、連番のスター誕生を夢見たが、実際には田淵は阪神に入り、背番号は22。
クロマティ
0
49
クロマティが0を希望するも、巨人・正力オーナーが「0は背番号として相応しくない」と却下したため。
ベイラー
42
42
第2次藤田監督時代、巨人キャンプに臨時打撃コーチとして招聘され、その際に背番号42をつけた。
阪神タイガース
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
湯舟 敏郎
12
15
阪神に入団した際に12と21を提示されたが、番号交渉時、既に21は関川に内定しており、実質的には12が与えられた。
だが、実際には鶴見のトレードにより空いた15を着用。変更理由は不明だが、15の方が投手番号という認識だったか。
吉田 豊彦
01
91
阪神球団は吉田に背番号01をあてがい、入団発表。しかしセ・リーグ連盟からクレームが付き、背番号91に変更。
広澤 克実
48
31
阪神入団当初は48をつける予定だったが、球団サイドから「31=掛布のイメージが強すぎて誰もつけようとしないため、
それを中和して欲しい」と依頼され、それを受けた広澤の背番号は31となった。
横浜DeNAベイスターズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
相川 亮二
25
8
2001年オフ、相川の背番号を59から25へ変更することが決定し、一旦は公式にアナウンスもされた。だが、相川自身が
「変更するなら1桁」とこだわったため、25への変更は実現せず。その後、2004年に1桁の8に変更し正捕手として活躍。
オリックス・バファローズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
江川 卓
1
30
1973年秋のドラフトで、阪急は江川を1位指名。江川は阪急に入団しなかったが、用意されていた背番号は1だった。
パウエル
50
49
オリックスが獲得表明し、背番号50まで発表するも、ソフトバンクとの契約が有効とされ、ソフトバンクで背番号49。
埼玉西武ライオンズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
工藤 公康
17
47
就職を発表し、プロ入りしない姿勢だった工藤は、西武にドラフト6位指名され、翻意して西武入り。西武は当初、17番を
用意していたが、裏工作が噂されたため47番に変更。この行為が、左腕のエース番号としての47を誕生させることに。
小島 弘務
14
21
1990年、西武にドラフト外で入団した小島は、背番号14を与えられ練習に参加。しかし小島は、「大学在学期間が短い」
という理由で西武が高卒扱いで登録していたため、協約違反で契約取り消し。後に改めて中日入りした際に背番号21。
福岡ソフトバンクホークス
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
元木 大介
2
37
1989年オフのドラフトで、野茂のハズレ1位として元木を指名したダイエーは、香川の引退で空いていた背番号2を用意。
しかし、元木は頑なに巨人を志望し、ダイエーに入団せず。元木は後に巨人入りし、37→2という背番号変遷を見せた。
千葉ロッテマリーンズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
張本 勲
7
10
巨人から移籍してきた時、馴染みの10は水谷がつけていたため、入団発表会見の時のみ、7のユニフォームを纏った。
定詰 雅彦
8
28
1996年シーズン終了後、背番号8への変更が内定していたが、阪神へのトレードが決定したため8番着用は実現せず。
移籍先の阪神では背番号28を背負った。
北海道日本ハムファイターズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
二村 忠美
007
00
大洋から復帰した際、「ジェームズ・ボンドのような危険な雰囲気の選手になりたい」という理由で007番を希望するも、
「背番号を興味本位で扱ってはならない」とパ・リーグ連盟から却下され、00に。
大阪近鉄バファローズ
選手名
幻の背番号
実際の背番号
変更理由
大島 公一
01
00
アマチュア時代、ずっと1をつけていた大島は近鉄入団時に1を希望するも、鈴木の永久欠番のために却下される。
そこで今度は頭に0をつけた01を希望するも認められず、最終的に当時流行していた00が与えられた。


今後もネタが入り次第、このコーナーは随時更新していきます。


トップへ戻る

背番号一覧表へ戻る

inserted by FC2 system